カントレコーダPDA-7000
  • 製品名:カントレコーダPDA-7000
  • 製品カテゴリ:スペクトロメータ - GNR/島津
  • 公開された:2011-08-16
はじめに
        と日本冶金業界共同進歩の島津をご提供---光電子放出分光計PDAシリーズ島津長年世界に提供する金属の品質管理に欠かせない光電子放出分光計、今がリリースされた各種エキスは一体のPDA-7000集。標準装備島津オリジナルの時間分解PDA測光法を強力に支持品質管理分析
商品の詳細
 、·;安定性向上新設計の本体/発光台、安定性が大幅に向上させる。 、·;  ;分析精度向上新設計の発光台と適分析範囲の最適な発光条件、高含有微量の元素からも高精度分析。 、·; ;鉄鋼中の窒素の高感度分析窒素の検出下限は5ppm。炉に分析から、代わりに達した気体分析器のレベル。 、·   ;高機能を標準装備。配備ずっと好評のPDA時間分解測光、形態分析処理機能。 、·; ;豊富な製品のシリーズは、多種の用途に対応する。→ ;製品のシリーズの詳細鋼、アルミニウム、マグネシウム、銅、亜鉛、錫、チタン、ニッケルとコバルトなどさまざまな固体の金属の基体金属、合金中の構成要素は、不純物の微量元素定量 、:PDA-7000すばらしい成績  ·;;長期以来、冶金業界と共に発展し、豊富な技術情報。→ ;応用例 、※外観及び規格などの変動があって、予告なく。発光分光分析:(OES:Optical Emission Spectroscopy) ; ; ;いわゆる発光分光分析は、使用放電プラズマ蒸発気化して励起サンプルの中の目標の元素に固有の亮線スペクトルの元素(原子スペクトルの波長を定性、それにより発光強度を定量的な分析方法。     ;;;更に広義的には、励起放電(光源)も含めて使用ICP(Inductively coupled plasma誘導結合プラズマと励起放電(光源)のICP発光分光分析。しかし発光分光分析(発光分析)または光電測光式発光分光分析は、使用火花放電/直流アーク放電/グロー放電としての発光分光分析を放電。発光分光分析では、固体の金属のサンプルとと電極の間に起こる放電。 ; ; ;島津の発光分光分析装置は、アルゴン雰囲気の中で行われ火花放電、火花パルスの発光を統計処理を採用し、測定再現性を高めることができます(精度)方式(PDA測光方式:Pulse Distribution Analysis)。 ; ; ;発光分光分析装置高速測定固体金属元素サンプルの構成は、製鉄、アルミニウム製錬工程管理用に不可欠な手段。